アドラーと劣等感

f:id:akiko-japan0417:20161207085353j:image

"他の人と比べて自分はなんでこんなに劣ってるんだろう。"

そういう思う時は誰にでもあると思います。

 

それもそのはず。

 

この地球には人が大勢います。

私たちは決して1人で生きている訳ではありません。

なので、人が存在する限り、人と比べてしまうことは自然なことなのかもしれません。

 

しかし、人と比べすぎて自分の欠点を数えていくと、段々と自分を卑下してしまい、本当の自分を見失います。

 

劣等感とは非常に厄介なやつです。

 

そんな時にはこの本が非常におすすめです。

 

f:id:akiko-japan0417:20170413084606j:image

"嫌われる勇気"

こちらの本は一時期話題を呼び、今ではベストセラーになりました。

この本はご存知だと思いますが、アドラーの教えを会話形式で伝えてる本であり、現代社会で生きる人間に強く生きるための考え方を提供しています。

 

この本の中でも特に劣等感に関して前向きに向き合えるようなアドラーの思想を抜粋させていただきます。

 

❶人を横の関係で見る

f:id:akiko-japan0417:20170603160036j:image

 劣等感を感じるのはきっと自分よりも上の存在と自分を比べてしまうからでしょう。

世の中は上司と部下、先輩後輩、歳上と歳下…と言ったように縦の関係で出来ているように見えます。

そしてその縦の上の方、例えば上司と部下だったら、上司の方が偉い。普通はそう思いますよね。

 

この縦の関係立場だけではなく、その人の功績や容姿にも人によっては当てはめてしまうのではないでしょうか。

 

たくさんビジネスで成功をしている人、名誉ある賞を受賞している人、スタイル抜群な美形のモデル…など、すごい人や偉い人ってあたかも自分よりも雲の上の存在のうように見えてしまう。

 

しかし、これは私たちの錯覚に過ぎないのです。

 

ドラーは人はそれぞれ平面を違う方向へ進んでいると言っています。

そこには上下関係はありません。つまり人がそれぞれ違う人生を歩んでいてそこに優れているとか劣っているとかないのです。

 

上司と部下であっても、同じ平面を歩いています。

また、どんなに素敵な人でも自分と同じ平面を歩いているのです。

 

アドラーは"人はそれぞれ違うけれど、同じ"と提唱しています。

 

人は縦ではなく、実は横の関係で出来ているのです。

そして、この横の関係で人を見ることによって、劣等感ではなく幸福感へと繋がると述べています。

 

❷褒めるのではなく感謝の気持ちを。

f:id:akiko-japan0417:20170603163131j:image

劣等感は相手の批判から感じてしまうのもあるのではないでしょうか。

 

いつも貶されてる人といつも褒められてる人が居るとします。

ほとんどの人がおそらく、貶されてる方が惨めだな。と感じると思います。

 

しかし、これは大きな間違いです。

 

実は褒められる方が惨めな思いをして居るのです。

 

アドラーは"自分が相手より上だと思う人ほど、相手を褒める"と指摘してます。

例えば、家の中で小さいこどもが手伝いをしたとします。母親は小さいこどもを褒めます。

おそらく"よく出来たね、偉い偉い"と言ったような決まり文句を言うでしょう。

しかし、もし夫が手伝いをしたらどうでしょうか。おそらく小さいこどもに言うように"偉い偉い"などとは言いません。

母親が子供よりも上であるからこそ、子供を褒めるのです。

 

また、夫が妻に"こっちは稼いでるのにお前は、ダメなやつだ"と罵ったとします。

それは妻が一見夫からしたら"ダメな人"。という風に捉えられますが、実は夫は妻を恐れている心理があるのです。妻が稼いでしまったら、自分の価値がなくなると思ってしまうのです。

 

 じゃあ、どうしたらいいのか。

人を褒めちゃダメなのか。

 

アドラーは相手を褒めるのではなく、

"気持ち"を伝えることが大切だと言っています。

 

例えば、"ありがとう"や"嬉しい"と言った気持ちを伝えることで公平で、お互いにいい関係を築けるのです。

先ほどに申し上げた"横の関係"を繋ぐことが出来るのです。

 

 ❸劣等感は必要不可欠

f:id:akiko-japan0417:20170603170203j:image

 劣等感は克服するためにあるものであり、自分を成長させる大切なものです。

 

アドラーは、自分を卑下する人や、自慢をする人、または他の人をむやみに批判する人などは劣等感を克服しようとして行っていることだと言っています。

つまり、他の人に害を与える人は自分に劣等感がある人が多いのです。

 

劣等感は普通克服するために、努力をしないといけないものです。言い換えると、努力次第で劣等感はなんとでもなるのです。

 

アドラーは、人間は前進するために劣等感を兼ね備えていると考えてます。

なので、劣等感をたくさん待つことは自分の成長の可能性の大きさを表しているのではないでしょうか。

 

f:id:akiko-japan0417:20170603171305j:image

 

劣等感は無くならないものかもしれませんが、考え方次第で自分にとってプラスに変わることはいくらでもできます。

 

劣等感で前に進むか、後ろに後退するか。

それはあなた次第なのではないでしょうか。 

ニューヨークの地下鉄で

f:id:akiko-japan0417:20170130115032j:image

あなたがもし何か悩みを抱えていて、それを誰かに打ち明けたいと思っていたら、どうするでしょうか。

 

もし、親しい友人や家族に相談できないなやみだったらあなたはきっと専門カウンセラーに相談するかもしれません。

 

ニューヨークの地下鉄のホームには、そんな悩みを持った人達のために、とある小さな専門カウンセラーがカウセリングを行っているそうです。

 

 f:id:akiko-japan0417:20170130122828j:image

 彼の名前はシロ・オーティス君(Ciro Ortiz)11歳。

彼は毎週日曜日の朝から午後2時まで

この地下鉄のホームに現れ、$2でカウンセリングを行っているそうです。

 

f:id:akiko-japan0417:20170130123924j:image

実はシロくんのカウンセリング、

11歳の少年にしては的を得ていると評判が良く、1日に何人もの人が相談しに来ているそうです。

 

それにしても、11歳の少年だったら日曜日は友達と遊んだり、家族と過ごしたりしますよね。

 

シロくんは何故このようなことを始めたのでしょうか。

 

f:id:akiko-japan0417:20170130125845j:image

 

実はシロくん。

学校でイジメにあっていました。

シロくんはそんなイジメを通して自分と同じように悩んでる人が居るのではないかと思い、人が行き交う道に机を設置したのがこのカウンセリングのはじまりだそうです。

 

 f:id:akiko-japan0417:20170130130103j:image

シロくんのお母さんはシロくんが相談室を開くことに心配をしていました。

しかし、初めて相談室を開いた後、シロくんは人が変わったように自信に溢れていたといいます。

 

そしてその後、より多くの人をカウンセリングするため、道から地下鉄へと場所を移動して現在に至ります。

 

f:id:akiko-japan0417:20170130130348j:image

シロくんの凄いところ。

自らカウンセリングコーナーを設置し、悩んでいる人へ的確なカウンセリングをしていることももちろんですが、

何よりも自分の辛い経験を相手のために活かしているところだと思いました。

辛い経験を辛いままで終わりにするのではなく、それを動力にして自分のやり方で他の人を助けているのではないでしょうか。

 

シロくんのお父さんはシロくんに常に人に対して優しくしなさいと教えているそうです。

シロくんはお父さんの言うことを守り、カウンセリングの売り上げを困った人や貧しい友達のために使っているそうです。

 

ますますこの少年の生き方に感銘を受けます。

 

f:id:akiko-japan0417:20170130133647j:image

 その後もシロくんは地下鉄でカウンセリングを続けているそうです。

 

 

『 カウンセリングをしにきた大人のほとんどが、現在何かあると過去に囚われてしまう。』

 

彼は言います。

 

『変わりゆくものを私たちは受け入れていかないといけない。これからも先も変わっていくし、今も変わっていっている。人生は常に変化していくものだから。』

“We have to accept [change]. It’s going to happen — it’s always going to happen. Life is always changing.”

 

news.com.au "Subway riders are turning to this 11-years-old 'psychologist' for advice."

 

 

(参考文献です。もし良かったらこちらも読んでみてください!)

NY post

http://nypost.com/2016/12/11/subway-riders-are-turning-to-this-11-year-old-shrink-for-advice/

 

News.com.au

http://www.news.com.au/lifestyle/real-life/news-life/subway-riders-are-turning-to-this-11yearold-psychologist-for-advice/news-story/55a19ff64118830c24868b2d76248d01

 

人生を生きるということ

 "あいつは絶対に許さない"

これは最近見た海外ドラマの少年のセリフです。

彼は幼い頃に両親に捨てられてしまい、色々な経験を通して復讐に目覚めてしまいます。

 

f:id:akiko-japan0417:20170103235400j:image 

"復讐・見返し"

誰もが一度はそんな恨めしい気持ちを持ってるのではないかと思います。

 

しかし、そんな負の気持ちが人生の上で何の役に立つのでしょうか。

この負の気持ちに呑まれてしまい、ただ単に疲れてしまうだけではないかと思います。

 

では、辛い経験やそこから生まれた憎しみは無駄になるのでしょうか。

 

f:id:akiko-japan0417:20170103235623j:image

スペイン語で「Vivir bien es la mejor venganza.」という諺があると聞きました。

これはいい人生を送ることが最高の復讐という意味です。

 

"いい人生を送ることが最高の復讐"

一言でネガティヴな気持ちを一蹴してしまうような、力強さがある前向きなこの言葉に私は感銘を受けたことを覚えています。

 

人に対して憎しみがある時、私たちはその人に仕返しをしたくなります。

または、傷ついた出来事がきっかけで負のスパイラルに自分が陥るかもしれません。

 

しかし、自分の感情に負けてしまえば相手の思うツボです。

逆に、受けた辛さを全て幸せを探すことにあて、最高の人生を送るために努力する方がよほど自分のためにもなるのではないでしょうか。

 

 

f:id:akiko-japan0417:20170103235504j:image

最高の人生を送る

自分自身が幸せになること。

 

"自分の幸せを手に入れる"これは誰にも手に入らないことでもあり、自分自身にしか成し遂げられないことだと思います。

それを成し遂げた時、相手を赦すことが出来るのではないかと考えます。

 

もし、辛い経験から自分が憎しみに囚われそうになる時、この言葉はあなたを守ってくれるのではないでしょうか。

 

【おまけ】

スペイン語の諺がどこから生まれたのか定かではありませんが、英文で同じような言葉で「Living well is the best revenge.」というフレーズがあります。これは17世紀のイギリスの詩人George Herbertのことわざ集に載っていた言葉であるみたいなので、何らかの関係性はあるのかもしれません。ご興味がある方は調べてみてください!

 

人生を決める出来事の8割は35歳までに起こる

f:id:akiko-japan0417:20161023114336j:image

 人間は生まれた瞬間、皆与えられる物があります。

それは"時間"です。

 

10代はもちろん、

"20代"も特に時間が無限にあるように感じてしまうのではないでしょうか。

 

しかし、私たちの人生の中の"20代"という時間は無限にあるものではなく、実はかなり限られているものなのです。

 

そんな限られたものにも関わらず、無限にあるように感じてしまうとダラダラと過ごしてしまいがちになります。

 

そんな20代の若者達を一喝した心理者がいます。

 

Meg Jayさんという方です。

f:id:akiko-japan0417:20161024005659j:image

Meg Jayさんはアメリカの心理学者で、現在はヴァージニア大学で臨床心理学准教授を務めてます。

 

そんな彼女は20代の若者の心理を専門としており、20代が人生において重要な時期であると指摘しています。

 

そんな彼女がTEDのスピーチの中で伝えた、"20代でやるべきこと"を三つご紹介したいと思います。

 

アイデンティティ・キャピタルを築くこと

アイデンティティ・キャピタルを築く」 とは 自身の価値を高めるようなことをする、つまり自分自身に投資をするという意味です。

 

自分自身のことは自分しか分かりません。自分が人生をかけて何をやりたいのか、どういう人生を歩みたいのか。

それを考えて、自分の将来の理想像に近付くために自分への投資になる何かをする。それが出来るのも人生の中で20代しかないと彼女は伝えてます。

 

例えば国際的な仕事やインターン、また起業など、たくさんのことに挑戦して自分自身への将来の目標へ繋げることが大切だそうです。

 

➋ゆるい繋がりを活かす

新しく自分の資本になるものや新しい交際相手は自分の知っている人たちの中ではなく、友人の友人の友人といった内輪のサークルの外からやってくると彼女は言っています。

 

20代で積極的にそのような外部の繋がりを増やすことによって人生の目標に向かって歩む中での手助けとなってくれるそうです。

 

➌家族を選ぶ

20代で家族を真剣に選ぶことの重要性も彼女は伝えてます。

たまたま自分を選んだというだけの人と漠然と一緒に過ごしたり時間を潰すのではなく、誰とどのようなものを望むか意識してパートナーを選ぶことが今後の人生を共に生きるために大切になっていくそうです。

 

f:id:akiko-japan0417:20161024014141j:image

20代の人たちはロサンゼルス国際空港から、西のどこかに向けて、今まさに飛び立とうとする飛行機のようなものです。離陸直後にちょっと経路を変更するだけで、着陸地点がアラスカになったり、フィジーになったりします。

 

メグジェイ「30歳は昔の20歳ではありません」TED2013 Translated by Tomoshige Ohno, Reviewed by Akinori Oyama

 

 20代だからこそ、人生を大きく変えられるチャンスがある。

一度きりの人生、良くするのも悪くするのもあなた次第。

 

そんなメッセージを彼女は語りかけています。

 

【参考文献】

  • TED

https://www.ted.com/talks/meg_jay_why_30_is_not_the_new_20?language=ja#t-120275

 

  • 著書

メグ・ジェイ「人生は20代で決まる」早川書房(2014年)

 

 

ウサギとカメ

f:id:akiko-japan0417:20161021014535j:image

ウサギとカメ」小さい頃によく両親が読み聞かせしてくれた物語の一つです。

 

この物語は足が遅いカメが足が速いウサギにレースで勝ってしまうという下剋上的な物語であり、

小さい頃は"ウサギのように怠けると痛い目に合う"とか、"カメのようにコツコツ努力することが大切"という教訓をこの物語から教えられたものです。

 

しかし、年月が過ぎて人生色々と経験をすると、この物語を違う視点で捉えることが出来ます。

 

今回はこの"ウサギとカメ"の物語から新たに学んだことを紹介していきたいと思います。

 

f:id:akiko-japan0417:20161021092804j:image

 私はこのストーリーの中で

"己との戦い"についてを教訓として教えてくれてるのではないかと考えました。

 

f:id:akiko-japan0417:20161021020252p:image

 

この物語の冒頭でウサギはカメを見てバカにします。

カメは足が遅いため、足が速いウサギなんかに勝つことが不可能だと思っているからです。

 

しかし、いざレースがスタートするとウサギは油断して道のりの中間地点で居眠りをし始めます。これも、カメは遅いから追いつかないだろうと過信していたからです。

 

ここで分かるのはウサギは常にカメの存在を意識しながらレースをしていることです。つまり、ウサギはカメという"相手と戦っていた"のです。

 

 f:id:akiko-japan0417:20161021090618p:image

 一方でカメはというと、目標のゴールに向かって一定のペースで徐々に向かいました。

 

カメはウサギよりも足は遅く、レースの距離もウサギと比べたらすごく長い道のりだと思います。

 

しかし、カメはそんな理不尽なことにも負けずに自分のゴールに向かってひたすら進み続けました。

 

つまりカメにとってこのレースは"自分との戦い"だったのではないでしょうか。

 
そして、結果カメがゴールにたどり着き、勝利をした。

 

 

このことを考えると私たち人間の人生もカメのように"他人ではなく、自分との戦いに打ち勝つ"ことが勝利へと繋がることなのではないかと思います。

 

f:id:akiko-japan0417:20161021140250j:image

他人と比べず、自分と戦って勝っていくことが成功への道になることを日々意識しながら生きたら、きっと人生において大きな"勝利"を手に入れることが出来るのではないでしょうか。

 

自分を表現する強さーWinnieさんから学ぶー

f:id:akiko-japan0417:20161021165800j:image

今回はコンプレックスとは何かを考えました。

 

コンプレック」 人間誰もが抱えてしまうものなのではないかと思います。

 

しかしこの「コンプレック」、

持っているということは他の人に無い自分自身の魅力があることなのではないかと考えました。

 

コンプレックが自分の魅力になる。

私がそうインスパイアされたのがアフリカ系アメリカ人のモデルのWinnie Harlowさんという方を知った時でした。

 f:id:akiko-japan0417:20161019225343j:image

彼女はDIESELDesigualのモデルとして世界的に活躍している22歳です。

そんなトップモデルが今日までずっと闘ってきたことがありました。

 

それは彼女が幼い頃から持っている、肌の一部が白くなる尋常性斑点という病気でした。

f:id:akiko-japan0417:20161019225352j:image 

黒い肌をした彼女は白い斑点が目立ってしまったため「シマウマ」や「牛」と言われました。そのことから壮絶ないじめがあり、自殺も考えたこともあったそうです。

 

f:id:akiko-japan0417:20161019145854j:image

 しかし、彼女は自分のコンプレックと向き合い、それを自身の"個性"にする強さを辛い経験を通して得ました。

 

そして、兼ねてから夢であったモデルの道へと歩む決断をし、今やトップモデル。

多くの人々を魅了し、白い斑点が彼女の最大の強みになっているそうです。

 f:id:akiko-japan0417:20161019230531j:image

 

Winnieさんのようにコンプレックと向き合い、自分がどうなりたいかを考える。

 

そして、それを克服していくことによって"他の人には表現出来ない自分を表現していく"ことが出来るのではないでしょうか。

 

そして、それが出来た時、Winnieさんのように劣等感に勝つことの出来る"最大の武器"を得られるのではないかと思います。

f:id:akiko-japan0417:20161019230537j:image

私たちが自分自身の武器を手にした時、

きっと誰よりも輝くことが出来るのではないでしょうか。

 

 

ブログ始めました

こんにちは!

あっちゃんと申します。

 

ブログを開設しました。

日頃からふと考えたことや、思ったことを書いていこうと思います。

 

よろしくお願いいたします。